登場人物紹介1(5〜9話登場)

「スケボーブラザーズ」
 アニ(左)オトウト(右)の2人兄弟。
すばらしいスケボーテクニックを持つ。
 アニは音楽好きで、常にラジカセを持ち歩いている。CD付きラジカセに買い換えるのが夢。
 オトウトはスポーツ万能。スケボー以外にもスキー、ローラーブレード、ホッケーなどをこなすスーパーKidだが、ほんとに好きなのは釣り。

「ストライカー」(左)
 オフロードバイクを駆る青年。
ライディングテクニックは抜群、性格も明るい好青年であるが、なぜかツキには見放されている。
「大丈夫!」が口癖だが、サムズアップはしたくてもできないのも哀しいところ。
 現在は、魔女のバイクとの接触事故(もしくはその後の治療)によるケガを治療中。

「ジャンヌ先生」
 別名「密林の聖者」。職業獣医(主に外科)。フランス出身。銀縁眼鏡がチャームポイント。
 「原始林の聖者」ことシュバイツァー博士を尊敬している。
 理系の人らしくクールな価値観を持つが、実は「私立探偵」が憧れ。

「ワトソンくん」
 ジャンヌ先生の助手。
なぜかしっぽがないが、本人はあまり気にしていないようだ。
得意技は筋肉注射。痛くても気にしない。

「ケン」
 ストライカーの友人。
 アナーキーかつワイルドなライフスタイルをめざしているが、根が真面目なため、義理人情のしがらみに流され続ける日々。
愛用のチョッパーバイクは命より大切だが、彼の一番の自慢はバイクでなく胸毛。

「コバヤシくん」
 ジャンヌ先生の第2助手。
突然登場して回りを驚かせたが、実際のところは、怪力かつバナナ好きという、至ってわかりやすいキャラのマウンテンゴリラにすぎない…
 サル語、人間語のバイリンガルであることは彼なりに秘密。


プレモのおはなしに戻る

表紙へ戻る